2014年10月26日

洗濯機買い替え

我が家の洗濯機は、日立の白い約束(NW-D6CX)。

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2003/06/hl_0610.html

洗浄力が高いと2chでの評判もすこぶるよく、実際だいぶ活躍してくれた。

もう買ってから11年になる。

DSC02071.JPG

さすがにあちこち傷んできたのか、何かがどこかに挟まったのか、洗っている最終とか脱水のときに、「ガんッ!ガんッ!ガんッ!」とすごい音がするようになってきた^^;。。。

この音は、、、、、近所迷惑を考えると、、洗濯するのがはばかられる。。

夜とか無理だなぁ。

そういうわけで、そろそろ買い換えることにした。

いろいろ探したけど、音でのジンクスがあり、今回は静音重視に走ることにした。

静音といえば、東芝。

しかも、マジックドラムとかで、洗濯槽を清潔に保ってくれるらしい。

てなわけで、東芝の洗濯機にすることにした。

2ch情報によると、最近の洗濯層は、小さめで、従来の6kgの容量を得るためには、8kgを選ぶ必要あり、とのこと。

いろいろ探した結果、マジックドラムつきで、9kgにした。

東芝 AW-9V2M 

http://www.toshiba.co.jp/living/laundries/aw_9v2m/index_j.htm

DSC02077.JPG

買ってみてびっくり!

こいつの音の静かさはハンパではない!

洗い26dB, 脱水 37dB といっていて(乾燥はほとんど使わないので気にしない)、

ささやき声〜静かな公園と表記しているけど、本当に静か。

ていうか、洗濯していることを忘れてしまうレベル^^。

EcoモードをOFFにしないと洗浄力がいまいちというのが欠点だが、OFFにしても相変わらずの静音。

最近の技術はすごいなぁ。

      

posted by Claypot at 20:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

ITPro Expo/IoT Japan

ITPro Expo/IoT Japanに行ってきた。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/expo/2014/

天気はすばらしかった。

DSC01682.JPG

マイクロソフトのブースでは、Azure Cityのコンセプトビデオと IoT Kitの展示。

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1410/17/news123.html

DSC01684.JPGDSC01704.JPG

街のあらゆるところにセンサーが置かれ、渋滞などの状況がわかる。

DSC01690.JPG

DSC01692.JPG

 

Visual Studioで簡単にセンサーなどの情報を取るプログラミングができて、

AzureクラウドにデータをあげられるIoTKitも展示されていた。

11月中旬予定とのこと。

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1410/15/news129.html

手軽でよさそう。

サービスもServiceSync, EcoMottなどいろいろ出ていた。

DSC01723.JPG

組み込みコンピューターメーカー、IoTゲートウェイのメーカーも、日本にも色々いるのだなぁ。

DSC01754.JPGDSC01814.JPG

DSC01965.JPG

車のエンジンをコントロールできるやつなどもあった。

台湾のAdvantech、いわくハードウェアは何でも作っちゃう、とのこと。駐車場、お店、工場、いろんなところにつけられる、

センサーボックスや産業コンピュータなど各種。とにかく身動き軽く作っちゃうところがすごい。

DSC01788.JPGDSC01731.JPG

 

Edisonの本物を見ることができた。やっぱり小さい!

この小ささの中に、Quarkはもちろん、BluetoothもWiFiも入れちゃっているのだからすごい。ちょっとお値段はするそうだが。

DSC01868.JPGDSC01878.JPG

 

DSC01859.JPG

IBMのBluemixも面白かった。Web上で開発がすべて終わる、SaaS開発環境。

DevOpsから、各種ライブラリ群もそろっていて、Web上のIDEですべて作れる。

面白いところでは、Watsonもライブラリ化されていた。今はトライアルで無料とのことだが、実運用でいくらで使えるのか興味ある^^;。

DSC02018.JPG

Panasonicのブースでは、Windows Phone 8.1と同じWindows Embedded Handheldも展示されていた。

DSC02031.JPG

 

posted by Claypot at 15:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

LIVA MINI PC

PCがもうすっかり手のひらサイズだ!

http://www.ecsjpn.co.jp/liva/liva2.htm

http://ascii.jp/elem/000/000/885/885156/

しかも、値段も2万ちょっとでCPUもSSDもついている。

Celeron N2807で、十分実用になる。

これって、すごい。

小さくなったもんだなぁ。

DSC01615.JPG

中のマザーボードも本当に小さい。

DSC01598.JPG

  

DSC01564.JPG

組み立て(?)というほどの作業もなくただはめこむだけ。超簡単。

Windows8.1入れて、さくさく動く♪

DSC01609.JPG

このマザーボードだけ使って、何かにうめこんでいろいろ使えそうだなぁ。

 

posted by Claypot at 20:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

CEATEC 2014

CEATEC 2014 に行ってきた。

http://www.ceatec.com/ja/

去年は車がアツかったが、今年はどうだろう。

個人的には、スマートメーターやデマンドレスポンス、Echonetに興味があって、そのあたりのブースを回ってみた。

Echonetは今年もブースを出していて、各社のエアコンがちゃんと一つのコントローラでコントロールできていた。

SHARP,DAIKIN,FUJITSU,Pana ..すべて市販品ですよ、というのは印象的だった。

20141011DSC01075EchonetLite.JPG20141011DSC01074EchonetLite.JPG

シャープの人がいたので聞いたところ、アダプタ接続で対応できるとのこと。

スマートメータだが、もうすでに東京電力は、Wi-SUN対応のスマートメーターに順次入れ替えを行っているそうだ。

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1402/14/news015.html

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1310/29/news093.html

そこまで来ていたのね。入れ替えると東京電力からIDが発行されて、そのIDを使うと、サードパーティーも電力の値を読み取れるとのこと。

Wi-SUN (IEEE802.15)アダプタも、あちこちで展示されていた。

20141011DSC01067WiSUN.JPG

東芝のHEMSも、ホームゲートウェイ(一般発売)Wi-SUNアダプタをセットで売るそうだ。

http://feminity.toshiba.co.jp/feminity/service/index_j.html

http://feminity.toshiba.co.jp/feminity/service/homegateway.html

http://feminity.toshiba.co.jp/feminity/plan/index_j.html

20141011DSC01231TosHEMS.JPG20141011DSC01233TosHEMS.JPG

20141011DSC01237TosHEMS.JPG

メーターがWi-SUN対応に置き換えられていれば、東京電力からもらうIDを設定して、電力を読み取ることもできるし、

なければ東芝の配電盤なら計測ユニットで計測、他社製配電盤もケーブルで接続可能とのこと。

そして、このホームゲートウェイは、Bluetoothを内臓していて、東芝のあかりやエアコンをコントロール可能、家の中なら無料で、外からコントロールしたい場合も、feminity club(月額500円)で、外から、家電コントロール、電力チェックが可能とのこと。

三菱も、HEMSはがんばっていて、コントロールできる家電のラインナップがかなり多かった。

http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/hems/forte/index.html

20141011DSC01309MitsubiHEMS.JPG

20141011DSC01311MitsubiHEMS.JPG

20141011DSC01323MitsubiHEMS.JPG

Kadecotは、Echonetの用途のオープン化という感じかな。

http://kadecot.net/

WebAPIでEchonet対応機器をコントロールできるそうだ。

デモとしては、絵本アプリをOSGiのホームゲートウェイにダウンロードしておいて、

絵本のストーリーにあわせて、灯りをだんだん暗くしたり、電気タップをONにして扇風機を回したり、

というデモをやっていた。オープン化したので、ここまで裾野が広がる、ということだろう。

20141011DSC01052EchoApp.JPG

プログラミング環境がGUIになっていて、部品のdrag&dropと線の接続でロジックを作れるところが面白かった。

http://kadecot.net/blog/2236/

DSC01056.JPG

シャープブースのクラウド蓄電池とEchonetの組み合わせは面白くて、

http://www.sharp.co.jp/e_solution/battery/

電力会社を巻き込まずに、自主的に太陽電池で節電できるとのこと。

明日の天気が晴れそうなので、今日は思い切り売電してもOKとか、

明日は雨になりそうなので、夜中に重点的に蓄電しておこうとか、

エアコンの温度も調整してみたりとか。

20141011DSC01381SHARPCLOUDbatt1.JPG

20141011DSC01384SHARPCloudbatt2.JPG20141011DSC01385SHARPCloudbatt3.JPG

デマンドレスポンスは、もうしっかり始まろうとしているそうで、

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1308/02/news012.html

新電電などは、しっかり対応していて、光BOX+は、デマンドレスポンスへのI・Fをすでに備えているそうだ。

DSC01082.JPG

光BOX+のEchonet連携は、実用的にシステムが作りこんであって、印象的だった。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/activer/nkpr/RSP371066_03102014/

20141011DSC01095hirokaribox.JPG

20141011DSC01097hikaribox.JPG

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0371066_01.pdf

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0371066_02.pdf

液晶テレビ14機種、エアコン、電気温水器をTV画面につないでわかりやすい画面で操作できる。

デマンドレスポンスのI/Fを持っていて、

新電電などから光BOX+経由で、エアコンの温度を下げたり、灯りを消したりができるとのこと。

これは楽しみだ。

T-connectはなかなか派手にやっていた。

トヨタ自動車株式会社、新世代テレマティクス「T-connect」をアピール

http://www.ceatec.com/news/ja-webmagazine/ja-03/j091

声で操作できるエージェント、クラウドのアプリプラットフォーム上に200社以上の会社がアプリを提供している模様。

http://response.jp/article/2014/06/19/225760.html

運転に即したアプリ(ブレーキの踏み方診断ゲーム)とかももちろんあるが、

20141011DSC01182.JPG

20141011DSC01185.JPG

車のカーナビから家のエアコンをコントロールするアプリ、なんてのもあった。

http://car.panasonic.jp/cloud_app/

20141011DSC01160.JPG

スマートグラスはやっぱり多かった。

EPSONのスマートグラス。MOVERIOの人気はすごい。ものすごい人だかりだった。

エプソン販売株式会社、従来比約3分の1の軽さのスマートグラス MOVERIO「BT-200」シリーズを展示

http://www.ceatec.com/news/ja-webmagazine/ja-03/j063

20141011DSC01132moverio.JPG20141011DSC01126moverio.JPG

画像はよくできていた。遠くに視線を移すと、巨大なディスプレイがそちらに映っているように見えるし、

手前に目を落として、そこで小さめの画面を見ている感じで見ることもできる。

ディスプレイを見ることができるような「開いた空間を見る」必要があるので、ARというよりはゴーグルディスプレイなのかも。

黒い板をグラスにかぶせて没入で見ることもできる。

miracastアダプタなしで5万円、miracastアダプタとセットだと8万円で一般発売しているそう。

miracastで画像を受けるというのはいい発想かも。TVの出力もWindows8.1の画面もワイヤレスで受け取れるし。

機能は申し分ないと思う。付け心地はもう一息かな。ちょっと重い。

軽さで言えば、東芝グラスに軍配が上がる。

http://japanese.engadget.com/2014/10/06/toshiba-glass/

20141011DSC01213Tosglass.JPG

コニカミノルタも、スマートグラスに参入していたのね。

http://www.ceatec.com/news/ja-webmagazine/ja-03/j066

20141011DSC01449KMGlass.JPG

20141011DSC01447KMGlass.JPG

この手のデバイスは、産業用でかなり活きそうなので、富士通の展示はコンセプトは面白かった。

20141011DSC01292FJARGlass.JPG

20141011DSC01298FJARGlass.JPG

ヘルメットの横にミニディスプレイが出ていて、そこに視点を移すと、次に何をしてください、という画面が見える。

カメラがヘルメットについていて、QRコードを読んで場所を認識して、コントローラ(別の人が持っているスマフォ)に送る。

腕の手元にBluetooth HIDのボタンがあって、作業完了のENTERキーや、PINの番号入力などはそこから行う。

ただ、このディスプレイデバイスは、まだ練りこみが必要かな。。視点をいろいろ変えるとどこかのスポットで見える。見える視点にたどり着くのがかなり難しかった。

富士通の3DVRシミュレーションもグラス併用でだいぶよくなっていたかな。

富士通 3D技術による“モノを作らないものづくり”を提案

http://www.ceatec.com/news/ja-webmagazine/ja-01/j056

見なかったけど、こんなのもあったのだなぁ。

株式会社谷沢製作所 ヘルメットカメラ「Uメイト/U-BOX BT」でCEATEC JAPANに初出展

http://www.ceatec.com/news/ja-webmagazine/ja-01/j026

Beaconものもいくつか出ていた。

Accessは、BeaconとHEMSの連携をデモしていた。

2000円くらいのデバイスで加速度センサーとBEACONが一体になったデバイスを出していて、

それをローカルのAndroidアプリで捕らえて、そのAndroidアプリからEchonetで機器をコントロールする、

というイメージ。EchonetコントロールのトリガーがBeaconというつなげ方は面白いかも。

20141011DSC01092AccessBeacon.JPG

DSC01087.JPG

TAGCAST、

http://tagcast.jp/

http://tagcast.jp/spot/

現在無料でお試しができる(通常月額500円)とのこと。で、タグを貸し出し+SDKを使ったクーポン配信・くじのアプリを提供できたり、あとは、

お客さんの導線検出にも使えるとのこと。プラットフォームまでふくめて、すぐ使えるプラットフォームに仕上げている。

DSC01413.JPGDSC01415.JPG

ビーコンのレシーバーを出している会社はあまりないのだが(iPhoneを使え、というのばかり)、

BeaconnectはレシーバーのBOXも作って、実際に実証実験をしているそうだ。

http://www.beaconnect.jp/

20141011DSC01442BeconReceiver.JPG

ドコモのブース、PortableSIMが印象的だった。

PortableSIMの方にSIMを入れておいて、NFCのTaptopairでBT接続したタブレットやスマフォが

このSIM番号を持つ、という。一枚のPORTABLESIMでいろんな機器でネット接続、電話ができるようになる。

さらに、ユーザー名&パスワード情報を覚えさせて、ウェブで入力させる、なんてこともできる。

これは一枚でSIMが済むということなので、かなりうれしい。

テザリングとかでわざわざAndroid側経由でネット接続しなくても、

素直にPC側でデータ接続ができる、ということになるかな。

DoCoMoとしては、契約枚数が減りかねないわけで、思い切ったなぁと思ったけど、考えてみると

いろんなデバイスがMVNOで接続されるより、ドコモのしっかりした契約を一つ持って使いまわした方が

ドコモとしてもいいのかも。

20141011DSC01360VIrSim.JPG

いろんなデザインバリエーションを考えているそうだ。電池容量次第かな。

20141011DSC01337VIrSim.JPG

あとは、スポーツ系のサービスをだいぶアピールしていた。

http://www.ceatec.com/news/ja-webmagazine/ja-01/j046

20141011DSC01327DocoRun.JPG

シャープのココロエンジンとの対話、emopa なかなか面白そう。Cortanaと通じるかな。

http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1410/01/news175.html

20141011DSC01374Emoengine.JPG

20141011DSC01377EmoEngine.JPG

DENSOのX-mobility 。

http://gigazine.net/news/20141007-denso-x-mobility-ceatec-japan-2014/

ブロック型で組み合わせて作る、というのが面白い。

10kgくらいまでの荷重に耐えるそうだ。

20141011DSC01419DensoXmobility.JPG

20141011DSC01422DensoXmobility.JPG

RealSense内蔵のPCも展示されていた。

実物を触ると面白いものだ。

20141011DSC01275Realsense.JPG

20141011DSC01279RealSense.JPG

卓球ロボット、当意即妙にに返球していた。

オムロンの卓球ロボットは、機械が人に合わせてくれる、心優しいロボット

http://www.ceatec.com/news/ja-webmagazine/ja-01/j073

posted by Claypot at 09:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。