2015年08月22日

$85のminiPC Win8.1+Android Wintel PC

Gearbest というハンガリーのオンラインサイトで、とてもいいものを売っていた。

Wintel W8 Dual Boot Intel Mini PC Windows8.1 Android 4.4 Z3735F Quad Core 64Bit TV Box HDMI 2G / 32G Bluetooth 4.0   -  EU PLUG  BLACK 
$85.87

http://www.gearbest.com/tv-box/pp_180548.html

$85 で、Windows 8.1もAndroidも入っている。Z3735F。お、CPUも最近のやつだ。

7月下旬に注文して、約25日待って、。。。やっと届いた。。

本当に届くか正直ちょっと心配だったが、大丈夫だった^^;。。

DSC03711.JPGDSC03716.JPG

小さい箱だ。

DSC03717.JPGDSC03732.JPG

うぉー、これコンパクトでよい!

DSC03721.JPGDSC03739.JPG

すげー、すげー。

LIVA PCもかなり気にいったが、こいつはさらにコンパクト。HDMIもついて、有線LANもついて、さらに、USBも2つついている。

DSC03741.JPGDSC03742.JPG

ユーザーが作られた状態で、Windows8.1が入っていた。

立ち上がりも早い。

さすが最新のAtom。十分実用になりそうだ。

タスクバーに、Androidとの切り替えのアイコンがある。

DSC03744.JPG

クリックすると、ポップアップが出て、OKでリブート。

DSC03745.JPG

次はAndroidで立ち上がる。

DSC03751.JPG

DSC03753.JPG

Androidとしても、もちろんサクサク動く。

AndroidにもOS SWITCHのアイコンがあり、

DSC03757.JPG

これをクリックするとリブートして、Windows 8.1に戻るしくみ。

。。

正直なところ、Androidでは使わないような気がするので、思い切って、

Windows10を入れてみた^^;。

最初に現状のWindows 8.1で立ち上げて、ハードディスクをつないで、

コントロールパネル→ファイル履歴を出して、左側のシステムイメージバックアップのメニューから

システムイメージバックアップを取る。Androidパーティションはこれだと取れないと思うが、は捨てることにした^^;。

  (たぶん、http://www.insyde.com/products/androidsolutions を入れてるだけかな)

あとは、C:\Windows\System32\DriverStore と C:\Windows\System32\Drivers をコピーでバックアップして、一応 InSyde のフォルダもコピーしておいて、

そしたら、後は、Windows 10 もメディア作成ツールで、USBを作って、後は、クリーンインストール!

 

20150822_191406.JPG

さくっと入った。

あとは、スタートメニュー→システムツール→コントロールパネルで、デバイスマネージャーを出して、

ひたすら「ドライバの更新」で、先ほどバックアップしておいた元の C:\Windows\System32\DriverStore からドライバを読み込む。

グラフィックドライバーもここから読み込んで更新。

これでしっかりドライバーも入る。

20150822_191444.JPG

スタートメニューもしっかり健在。

それにしても本体小さい!

20150822_194252.JPG

Windows10マシンとして思う存分使おう^^;.

タブレットモードになった^^。

20150822_194321.JPG

いいね。この小ささで、十分実用になる♪

 

 

posted by Claypot at 20:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424679157
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。